【第6話】飛田くんと空子ちゃんとドローンの話
■ドローンを操縦するスキルを身につけよう■

▼前回の第5話はコチラから▼

 

■第6話■ドローンを操縦するスキルを身につけよう!

突然だけど2人は車の免許を持っているかい?

いちおう持っているけどペーパードライバーだよ。
空子ちゃんもだよね??

ワタシ、8tトラックまでなら転がせるよ?特殊車両とか

意外!!!
っていうか転がせるって…

2人が車の免許を取るってなった時にいちばん最初に何をしたか覚えてる?

まずは・・・
あ!!そうか!!もしかして・・・!!!

そう!そう!!!その通り!
鬼滅の刃を読みかえす!だよね!

アランさん♪その調子♪

ちがう!全然ちがう!!
アランさんまでボケないでよ!!!
…教習所だよ!教習所に通ったんだ!

なるほど~。
じゃあドローンを飛ばす時も、ドローン教習所?に通えばいいってこと?

OH!!!!YEAH!!!!

急に英語でイミわかんないんだけど…勢いで言うのやめてよ~
でも、ドローンのスクールって聞いたことあるかも…

そう!ドローンの知識や操縦方法やスキルなど
しっかり習得できるドローンのスクールがあるんだよ!

今さらなんだけど、ドローンって…免許がないと飛ばせないの???

今は免許がなくても飛ばせるから問題はないよ!
でも2022年をめどに、一部の飛行方法によっては
免許制になるという話が出てきているよ。

でもスクールって不安だわ…。

え?どうして???

だって荒れ狂う不良たちが!
熱血先生に最初は反発しながらも段々と心を開いていって
ついには甲子園を目指さないといけないんでしょ…

某マンガじゃないんだから!!!しかも野球は関係ないし!!

あ、そうなの?
ふーん。じゃあスクール通おうっと♪

スクールもいろんな場所があるけども、決して安くない金額になるから
しっかり選ぼうね!!

決して安くない金額…ねよろしくね♪

だからこっち見ないでよ!!!

ドローンを練習する場所

初めてドローンを操縦するが不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな方はドローンスクールに通ったり、ドローンの練習場で練習をするのがおすすめです。

スクールでは操縦技術を学べるだけではなく、深い知識の習得も可能です。

また、民間の資格ですが、ドローンの資格を取るためのスクールもあります。

>>>代表的な民間資格については「資格認定」のページ

現在(2021年)は、資格が必ずしも必要なわけではありませんが、

2022年をめどにドローンの所有者と機体情報を登録する制度を政府が導入する方針です。

>>>【最新】航空法改正案が閣議決定。2021年3月9日【ドローン】

これからはドローンに関するより深い知識の習得や、想定外の事態に陥った時にも

安全に安定した操縦ができることが求められるようになってくるでしょう。

>>>おすすめのトレーニング講座について「操縦のトレーニング」のページ

練習場は初心者の方だけではなく、新しい機体を購入した時の練習や、

夜間飛行や目視外飛行といった高い操縦技術を取得するために活用することもできます。

また航空局へ許可承認を申請をする場合には、操縦者に求められる要件の一つに

「総飛行時間10時間以上」があります。

しかし都市部で飛行させようとすると場所が限られてしまい、

なかなか思うように飛ばせないことも多々あるかと思います。

そのような場合にも練習場はぜひ活用したいところです。

>>>ドローンフィールドで練習をしたい方は「ドローンフィールド活用」のページ

ドローンの性能や利用価値は日々進化しています。

操縦技術を磨いて、趣味やビジネスにドローンを活用しましょう♪

>>>連載を最初から読む

【PR】▼お見積りやご相談はこちらから