【最終話】飛田くんと空子ちゃんとドローンの話
■実際に飛ばしてみよう!■

>>>第8話を読む

■最終話■ 実際に飛ばしてみよう!

ねえねえ♪ そろそろ実際に飛ばしてみない??

そうだね♪ 色々と準備もできたし、飛ばしてみようよ!!

明日は風もなさそうだし、ドローン日和になりそうだね!!
練習しに行ってみようか!

やった!!!
じゃあ明日、4時にあの丘に集合ね!!

オッケー!!!じゃあまた明日!!!

よし!
近くに人もいないし、風もないし大丈夫そうね!

アランさん来ないな…

もう待ちきれないから飛ばしちゃおう!
飛田くん、ちゃんと見ていてね!

オッケー!

空子ちゃん、操縦じょうず!!すごいよ!

ふう…外で飛ばすのってすごく気をつかうわね。
よし!とれた動画を観てみよう♪

何これ??全然思ってたのと違うじゃない!

動画を上手に撮るってムズかしいわね…

うん…
でもさ!やっぱりドローンでしか撮れない映像ってイイね!

うん!!!すっごく楽しい!!

でもね!わたしはこんな感じの動画を撮りたいの!!

おお!!こんなの撮れたら最高だね!!!

でしょ♪ すぐに上達してみせるわ!!

あ、誰か来た!!!

コンニチワ

こ、コンニチワ…

コレアズカッテキタヨ

アランさんからだ…
なになに…

え???もう会えないの???

ジャアネ

あ、アリガトウ!!!

タッシャデクラセヨ

アランさん…

ううう…(泣)

え??泣いてるの???
ウソ???だいじょうぶ???

もう立ち直ったわ!

切りかえ早すぎ!!!まあでもよかった…

飛田くんこれからもよろしくね!
未来のYoutuberのアシスタントにしてあげる♪

え??また勝手に!!
しょうがないな~

さあ!!もう1回、飛ばしてみましょう!!!

屋外飛行デビュー!!最後に気をつけたいこと!

ここまでドローンの知識を簡単に紹介してきましたが

いよいよ実際に屋外で飛ばす際には以下のことに気をつけて飛ばしましょう!

①周囲の安全に注意する。

まずは安全に離着陸できる十分なスペースを確保し、ドローンを飛ばすエリアが障害物がなく、

安全に飛行ができる状況であることを確認して飛ばすようにしましょう。

航空法の対象にならない200g未満の機体でも、人や物に当たれば非常に危険な凶器となってしまいます。

②1人で飛ばさない。

飛行に集中していると周囲の状況が見えなくなってしまいますが、もう1人いれば状況の変化を

教えてもらうことができます。上達するまでは決して1人で飛ばさないようにしてください。

可能であればスキルのある人と一緒に練習できるとベストです!

※航空法の許可承認が必要な飛行のときには、

たとえスキルがあっても補助者が必要になりますので注意しましょう。

③風がない日を選ぶ。

初めてドローンを飛ばす際は、必ず無風か微風の状況で飛ばすようにしましょう。

風が強い日に慣れない機体を飛ばすことは非常に危険です。

また、風は1日の中で様々に変化します。地上と上空では状況がまったく異なることもあります。

飛行させる際は風の状況を見定めて決して無理をしないようにしてください。

ドローンについていろいろ学んできましたがいかがだったでしょうか?

操作がむずかしそう・手続きが面倒などと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また実際にドローンを購入し

室内で練習していても、いざ外で飛ばすとなると

思うように機体がコントロールできないこともあるかもしれません。

しかし、安全に気を付けて万全の状態で飛ばすことができたなら

ドローンはとても便利で楽しいこと間違いなしです!

ビジネスで

趣味として

ドローン扱う理由は様々だとは思いますが

これからドローンはなくてはならないツールとなっていくでしょう。

あなたもぜひドローンライフをスタートさせてみませんか??

>>>連載を最初から読む

▼実際に江ノ島付近でドローンを飛ばしてみました▼