【待って!!】事前機体登録はいつやるのがベスト?なるべく終了間際に…という風潮【ドローン登録システム】

本日2021年12月20日、ドローン登録システムがオープン致しました。

ドローン登録システム

遂に本日2021/12/20から、無人航空機(100g以上)の事前登録期間の開始となります。
あっという間に始まるものですね。早い早い…。

さて、今回は私自身もどうしようかと決めあぐねている「無人航空機登録の事前登録をやるべきタイミング」についてです。

この事前登録期間に機体を登録しますと、兼ねてから心配していた【リモートIDの搭載義務が免除】されることになります。
それでユーザーはホッと胸となでおろしたわけなんですが…それで終わりではなかったんですね。

というのも

【免除期間って事前登録日から3年間だけじゃない?】

というような声というか推測が出始めているのです。

確かに明確に「いつまで免除」っていうのは…聞いていないですね。

漫画・カ〇ジの利〇川みたいな感じに言われるかもしれません。

「免除する…!免除するが…今回まだその免除期間指定まではしていない。どうかそのことを諸君らも思い出していただきたい。つまり…我々がその気になればリモートIDの搭載義務の免除期間は1か月のみ2カ月のみということも可能だろう…ということ…! 」」

新しく開設された
ドローン登録システムのQ&Aでは

https://www.dips-reg.mlit.go.jp/drs/question.html

となっていますが…

噂というか推測では事前登録日から3年間だけ(更新は3年毎)免除なのでは?という声もあるので、それなら出来るだけギリギリまでやらない方が良いのかもしれません。

もちろん、普通の更新も登録日から3年後でありますから、現時点で登録しなくても普通に飛行させられる状態であればギリギリまで待ってから登録した方がお得?かもしれませんね。

つまり

2022/6/19(事前機体登録受付最終日)に事前機体登録を行うのがベストでは?ということです。
私自身、まだ様子見なのでそのつもりでいます。
Twitterを見ると、もう早速登録されている方はおられるようですが…


何にせよ、本日から始まったばかりなので色々なTwitterの声なども参考にして、事前登録をしましょう。

また新しい情報が入り次第、お伝えしたいと思います!

【ご案内】▼目指せYoutube金の盾!!

▼ロングヒット記事▼江の島・海でドローンを合法的に飛行させませんか?

▼東京都建設局が管理する河川・河川敷でのドローン飛行を検討されている方はこちら!

【PR】▼お見積りやご相談はこちらから