【重要】100g以上のドローンが航空法適用対象へ(2021/3/18更新)

航空法改正により、200g以上→100g以上の機体に航空法が適用されることに。

2020年7月19日、国土交通省が今まで航空法の適用外とされてきた重さ200g未満のドローンの一部にも飛行規制を広げる方針を固めた。

今現在、DJImini2、mavic miniをご利用の方にも関係のある動画解説をさせていただきます。以下の①②③④⑤⑥⑦の順番で記事をお読みください。

【①【12/4航空法速報】100g以上になるようです!!!!

【②【100g速報】許可承認対象機体が200g→100gになるのを受けて。

【③【字幕あり】100g以上ドローン規制に関する解説動画と補足説明

【新情報】認証とライセンスの件に関する新動画を制作しました【任意】

【⑤【100g速報】ドローン航空法改正へのネットの反応。

この背景には、200g未満のドローンでも高性能で一定の距離を飛べる機体が市場に登場してきているといることがあり、ニュースの内容によれば2020年内にも航空法施行規則が改正される見込みです。

これまで200g未満のドローンは「遠くまで飛ばす事は出来ず、危険性は少ない」とされてきましたが、2020年中に何らかの動きがあることでしょう。

■2021/3/8 航空法改正案が閣議決定

【⑥ 【最新】航空法改正案が閣議決定。2021年3月9日【ドローン】】

【⑦【諦めないで!】2022年以降も許可承認不要でドローンを飛ばす方法】

▼DJI製品を使っているあなた様へ▼