資料の一部を省略することが出来る無人航空機

平成31年1月25日より、国交省への飛行許可承認の際「資料の一部を省略することが出来る無人航空機」に

 

「DJI AGRAS MG-1S ADVANCED」「DJI/TOPCON MATRICE600 PRO for TS」が加わりました。

 

 

それ以前は、機体の画像や運用限界等の資料添付が必要でしたが省略することが出来るようになりました。

 

「資料の一部を省略することが出来る無人航空機」の一覧はこちらです。