申請用プロペラガードについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申請用プロペラガードって?

「申請用プロペラガード」をご存知ですか?

ーーーー「DJI PHANTOM 4 PRO NO.142 申請用プロペラガード」のことを指します。

飛行許可に際して、審査要領で定める追加要件「第三者及び物件に接触した際の危害を軽減する構造を有すること」に適合します。

このプロペラガードを使用することで、申請書類の一部を省略できます。

 

 

 

「DJI PHANTOM 4 PRO NO.142申請用プロペラガード」

 

 

 

対して、

DJI PHANTOM 4 NO.62 プロペラガード」は国土交通省の無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領で定める追加要件には適合しません。

 

 

 

「DJI PHANTOM 4  NO.62プロペラガード」

 

 

 

このプロペラガードを装備しての飛行は、「第三者及び物件に接触した際の危害を軽減する構造を有すること」の要件を満たしません。

そのため、「補助者を配置し、飛行範囲内に第三者が立ち入らないよう注意喚起を行う。」との条件付きの申請となります。

この条件とは、プロペラガードを装備していない時と同様のものです。

 

以上の違いをご理解いただき、プロペラガードを装備の際は十分にご注意ください。