メンテナンス

 

機体の点検について

ドローンの安全な飛行を自動車の運転に例えると、運転技術はすなわち操縦技術ですし、交通ルールと同様に航空法や民法、電波法などの法令知識が必須です。また、万一に備えて保険の加入もおすすめします。

さらにおすすめしたいのが、自動車の定期点検や車検と同様、機体の安全点検です。

DJI製ドローンに関しては、半年に1回または総フライト50時間、またはフライト200回ごとにメーカー点検が推奨されています。

点検は各機能の動作チェックやキャリブレーションに加えて、ファームウエアのチェック、テスト飛行などを行います。

機体を分解しての精密検査やクリーニングも行うことが出来ます。心臓部であるモーターの交換も可能です。

料金を含めた詳細につきましては、お問合せいただくか「セキド・DJI点検パック」のページをご覧ください。

【ご注意ください!】~シリアル番号の変更~=

機体の精密検査の際には新規のシリアル番号が発行されることがございます。保険加入や航空局の許可承認を取得している場合には、シリアル番号の変更の手続きを忘れずに行ってください。

保険に関しましては、新しいシリアル番号を保険会社にご連絡ください。補償に関する情報ですので、お忘れなく。

航空局の許可承認もまた、操縦者と機体シリアル番号を紐づけしたものとなっていますので必ず届出が必要となります。

当所では、航空局へのシリアル番号の変更の届出を代行いたします。いままでに許可承認申請をご依頼いただいたお客様は¥5,400(税込)にて、初めてご依頼のお客様は¥10,800(税込)で届出の代行をいたします。

航空局へのシリアル番号変更の届出をご依頼の際は、お気軽にお問合せ下さい。