【永久保存版】高尾山で合法的に飛行させることは出来るのか?

高尾山の紅葉を空撮したくないですか?

「高尾山の紅葉」の写真

※今回の記事はあくまで当相談室の独自調査によるものです。
※各種飛行事情等により色々変わりますことを予めご了承ください。
※あくまで当相談室のスタッフによる1つの見解です。

■高尾山の紅葉に想いを馳せて

そういえば2020年の秋、紅葉シーズンに入った頃なんですが、

🍁「紅葉を空撮したい!!」🍁

と思い立ちまして。というかずっと考えていたのですが。

紅葉の時期は多くのドローンユーザーがそう思うのは当然のことですよね。

ドローンならではの視点で雄大で美しい光景を撮影するのは、ドローンの正しい使い方だと思うのです。ドローンをやっている方でしたら1度は飛ばしたい場所ではないでしょうか。

近所で飛ばせそうな紅葉スポットは無いかなーと探していたところ、近くに高尾山があるではないですか!🍁

こんな日本有数のベストスポットを見逃すわけにはいきません!

というわけで…事務所から、そう遠くない高尾山での空撮事情に関して調べてみました。

DID地域ではないようだが…

■高尾登山電鉄様に問い合わせてみる

まず高尾山を管理していそうな高尾登山電鉄様に問い合わせてみると…

高尾山におけるドローン飛行に関して質問です。
安全面からドローンの持ち込みが禁止ということですが、youtubeで
「高尾山 ドローン」      
で検索すると紅葉や何やと空撮の動画がアップされております。これは基本的に違法なのでしょうか?
それとも場所によってはOKなところもあるのでしょうか?

高尾登山電鉄営業企画課広報担当です。
お問合せいただきましたドローンについての回答でございます。
ドローン使用については、東京都環境局などの高尾地区自然公園管理運営協議会による「高尾山のご利用ルール」の中で、「公共目的、防災目的以外での使用は控える」よう記載されており、ご協力をいただいているところです


高尾登山電鉄様がどうこう言うものではないんですね。もう都の管轄になってくると。よくよく考えたら当たり前か(;’∀’)

リンク先での東京都環境局が発表している高尾山のルールにおいては…ハッキリと「禁止」とは書かれていません。

17 ドローンは、公共目的、防災目的以外での使用は控えましょう。公共、防災目的であっても使用には、地権者又は管理者等の了解をとりましょう。落下の危険があるので十分注意しましょう。

高尾山のご利用ルール
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/naturepark/know/rule/takaosan.html

控えましょう…ですか…。まぁでも立場上おおっぴらにOKでーす!とは言えないですよね。

ぶっちゃけどうなんでしょう?飛行させて良いのかどうか?
非常にグレーです。駄目ではないけど控えてもらって…こんなのコロナ禍における「外出は駄目じゃないけど自粛して…」という訳の分からない「要請」と同じような気が…。駄目なら駄目とハッキリ言ってくれたら助かりますよね。

しかも私のフライトは公共目的でも防災目的でも無いので絶対的OKでもありません。悲しい😢

でもYoutubeで「高尾山 ドローン」で検索してヒットする空撮動画は果たして全てが合法的に許可を取ったものなのでしょうか…。 

■東京都環境局自然環境部緑環境課に問い合わせてみる

高尾山を管理する東京都環境局自然環境部緑環境課に問い合わせてみました。

高尾山におけるドローン飛行に関して質問です。
「ドローンは、公共目的、防災目的以外での使用は控えましょう。」とのことですが、やはり個人での空撮は難しいでしょうか?

Youtubeで高尾山の空撮動画を観かけたので…もしかしたら何らか公共目的or防災目的で撮影されているとすれば、許可はどこのどういった団体が出すものなのでしょうか。

返事を待ちましょう。

えー・・・何の音沙汰もなく2週間後に返答がありました。

2週間後ですよ!?2時間後ではないですよ!

お問い合わせいただいた高尾山のドローン飛行ですが、自然公園法上では禁止行為ではないため、許可申請や届出の対象ではありません。
しかし、東京都では高尾地区管理運営協議会(構成員は高尾・陣場地域に関わる自治体や事業者、地域の皆様)と共に
「高尾・陣場地区自然公園利用ルール」を定めており、
その中で公共目的、防災目的以外での使用はお控えいただくようお願いしております。

これは、高尾山等への来訪者の皆様がお互いに気持ちよく楽しめるよう、ドローン落下事故の危険防止や野鳥への影響等の観点から、皆様にお願いしているものです。

なお、航空法等その他の個別法令については各所管にお問い合わせください。
また、私有地等で空撮される場合は、土地所有者や管理者等にご確認ください。

うーん…まぁ…やっぱり諦めましょう。

もう2度と高尾山の紅葉をドローンで空撮したいなんて馬鹿な事は考えません…。すみませんでした…🍂🍁

■まとめ

といったわけで現時点ではやはり高尾山における合法的なドローン飛行は難しいという結果に終わりました😢ぴえん…ってやつです。

気になるのは先述した東京都環境局が発表している高尾山のルールにおける「地権者又は管理者等の了解をとりましょう」。この一文です。

高尾山の地権者、管理者って誰なんでしょうか?

環境局がこのように言うってことは、また別な地権者がいるのでしょうか…と思って軽く調べてみると、、

なるほど!普通に高尾山(が含まれている部分?)などの山林が売買されているわけですか。ということは…いちいち山林のこの部分の地権者は誰で~、連絡先はどこで~とか、もう地権者の了解を得ることは不可能でしょう(ヾノ・∀・`)ムリムリ

いやー…難しい!

高尾山でのドローン飛行は諦めます。。

他の山々はどうなんでしょうね?

富士山頂でドローンを飛ばしている動画を見つけましたが・・・許可をとるよりもドローン持って登る方が難易度高そうな…(笑)

どなたか合法的に飛行させる方法はご存知ですかー!?